どうやったら解放される

天秤

債務整理はマイナスのイメージも強いですが、借金をしない生活を取り戻す良いきっかけとなるでしょう。弁護士や司法書士に依頼をすることで、自分は特別なことをほとんどすることなく手続きをすることも可能です。借金に苦しまない生活を取り戻すためにも債務整理を活用してみましょう。

詳しく見る

再び借金できなくなる

相談

特徴を把握して行う

債務整理は借金を減らしたり、支払義務を無くす方法なので魔法のように感じるかも知れません。しかし、それぞれの方法ごとにリスクはありますので、手続きごとに特徴を把握することが重要です。全ての債務整理に共通している特徴は、手続きをすると借り入れを行った会社から融資を受けることが難しくなります。1度債務整理をしているわけなので、手続きが成立した後に再び融資の申込みをしても審査に通過しないと考えておいたほうが良いです。債務整理の中でも任意整理ならば、支払うべきではない高い金利分の借金を減らしている手続きなので、信用情報に傷が付く心配はありません。過払い金返還請求も同様に、法律で認められている過払い金を取り戻しているだけですので、別の金融業者ならば融資を受けることが可能です。自己破産は債務整理を行う中で最も信用情報に傷が付きます。債務整理は1つの金融業者にのみ影響が現れるのではなく、全ての金融業者から借り入れができなくなるリスクがあります。金融業者は信用情報機関を通して、利用者の審査をしていますので、1度自己破産をすると一定の期間にわたって信用情報機関に記録が残ります。自己破産をしたときは5〜7年ほどの期間は記録が残るために、その間に再び金融業者に融資を申し込んでも借金を行うことはできません。住宅や車を買うためにローンを組むこともできないので、十分に把握してから破産の申立てをするか検討しましょう。