ローン問題でお悩みの方へ

男性

専門家へ相談しよう

一時的な生活費の補てんや遊興費としてカードローンやキャッシングの利用を始めたつもりが、いつの間にか借入額が膨らんで返済に行き詰っているという人も少なくないといわれています。キャッシングやカードローンは手軽に利用できるというメリットがある半面、計画的に利用しないと借金が膨らんでしまうというデメリットがあります。一度多重債務状態に陥ってしまうと金利負担も重くのしかかってくるので、自力での完済は困難となります。また、給料が右肩上がりの前提で住宅ローンを組んだものの、リストラや離婚など環境の変化が原因で住宅ローンの返済に行き詰る家庭も少なくないといわれています。住宅ローンの返済は長期間かつ高額なものですので、余裕を持った返済計画を組んでおかないと、後々返済計画が破たんするケースも少なくないといわれています。様々な理由で借金問題で行き詰っているのであれば、法律の専門家である弁護士に債務整理の相談をしてみることをお勧めします。債務整理には任意整理や自己破産、民事再生といった手法があり、あなたの実情に応じた債務整理の手法の提案を受けることができます。一定の条件を満たせばマイホームを維持しながら借金問題を解決することが可能な場合もあります。借金問題は自分ひとりや家族だけで悩んでいるだけでは容易に解決するわけではありませんので、多重債務の泥沼状態で悩んでいるのであれば、一戸で区でも早く債務整理の経験が豊富な弁護士に相談してみるのがよいといえます。